任意売却は抵当権も消えるし競売よりメリットがある

金銭的にも精神的にもメリットが多い任意売却

 

離婚などの理由で、住宅ローンが支払えなくなった時、家を売却して解決できればいいのですが、問題はオーバーローン(債務超過)の場合です。

 

住宅ローンは不動産に「抵当権」という担保権を設定しているので、この抵当権を外さなければ売却できません。そして、抵当権は、借り入れている住宅ローン残高を全額返済しないと外すことはできないのです。

 

ただし、オーバーローンの分が数百万円になってしまうことはよくあるので、それは一括で払えない、ということになってしまいます。

 

そこで、住宅ローンを借りている金融機関の合意のもとで、全額一括返済ができなくても市場価格で売却できる方法任意売却 です。

 

住宅ローンも払えないし、売却するにもオーバーローン分は一括で払えないという状態で、住宅ローンの滞納が続くと、住宅ローン残高の全額が一括請求となってしまうのです。

 

オーバーローン分も払えないのに、全額一括で返済するなど、不可能です。

 

そうなると、住宅ローンを貸している金融機関はその不動産をお金に変えて回収するしかなくなり、裁判所に競売を申し立てることになります。つまり、法律で自宅がなくなってしまうことになるのです。

 

競売になると、市場価格の6割から7割くらいで落札されることも多く、そうなると結局借金は残ってしまいます。

 

任意売却の手続き

 

任意売却は、抵当権者・債権者が同意する必要があって、同意が為されれば抵当権が抹消されて綺麗な状態で売りに出されます。

 

これによって、債務者はより多くの収入を得て、それを債権者に支払うことで、債務の圧縮が可能になる仕組みです。

 

ほとんどの場合は、競売では寒がゼロになることはないので、不動産を失った上に、さらなる債務に悩まされるのですが、任意売却を行えば、残債務も減った上に分割払い交渉も可能になります。

 

任意売却のメリット

 

  • 高値で売れる可能性がある

    市場価格とほとんど同じ金額で売却できるので、残債を減らせる可能性がある

  • 無理のない返済計画

    残債を無理なく返済できるように、金融機関と相談できる場合が多い。競売と違って、債権者の印象も悪くない

  • 周囲にばれることがない

    任意売却の場合の売り出し方法は通常の不動産売買と同じなので、近所の人や知人などに任意売却だとバレずに精神的負担が軽減される

  • 引越し時期・引越し先も決められる

    不動産業者によっては、引越し先の紹介や手配もしてくれる

  • 売却後、手元に資金が残せる

    引っ越し代、しばらくの生活資金として、20-30万円が受け取れるように債権者と交渉できることもあります

 

もちろんオーバーローンの場合は、任意売却後も受託ローンの残債が残るのですが、債務が残ったままでも、金融機関の合意が取れているので、抵当権は外れて、売却が可能になります。

 

強制的に家を売られてしまう売却よりは、自ら売却ができるし、金銭的にも精神的にもメリットが多い売却方法です。

 

一括返済は無理。競売もいや、という場合に、最大限高く売って再スタートを切るという方には任意売却はオススメです。

 

残債の支払い義務はローンを完済するまであるし、ブラックリストに載ってしまうというデメリットはありますが、メリットの方が多いのが任意売却です。

 

任意売却を無料で相談できます。
任意売却の無料相談はこちら

 


page top