抵当権と住宅ローン


抵当権と住宅ローン記事一覧

よく説明で、「住宅ローン控除を受けている10年間は繰上げ返済しないほうがいい」という話を聞きます。その理由を聞くと、「住宅ローン控除で減額されるお金が減るのはもったいない」と業者の方も売主もみんなそう言っていて、雑誌などにもそういうように書いてあったから、というからなんです。しかし、これは都市伝説のたぐいなんです。例えば、3000万円を35年返済、金利1.5%で借りた時の毎月の返済額は、9.2万円...

離婚などの理由で、住宅ローンが支払えなくなった時、家を売却して解決できればいいのですが、問題はオーバーローン(債務超過)の場合です。住宅ローンは不動産に「抵当権」という担保権を設定しているので、この抵当権を外さなければ売却できません。そして、抵当権は、借り入れている住宅ローン残高を全額返済しないと外すことはできないのです。ただし、オーバーローンの分が数百万円になってしまうことはよくあるので、それは...

もし、定年後に収入が減ったり、介護が必要になったりするなどして、生活資金が厳しくなった場合でも、住宅ローンを完済していると、いろいろとお金をやりくりできる方法があります。まず、マイホームを売却して、賃貸に住み直すという方法がありますね。また、賃貸に出して、入ってくる賃料より安い賃料の住居に移り住む、という選択肢も出てきます。その中でも リバースモーゲージを活用するという方法もあります。リバースモー...

金融機関が素人を信頼してないから住宅ローンなどの借り換えの際には、前に設定していた抵当権の登記を自分で抹消すれば、その分の費用が浮きますよね。だから、借り換えの際にも自分で抵当権抹消登記をしたいと考えるのは当然です。自分で知識をつければそれほど難しい登記ではないですからね。でも、実際に借り換えの際には、自分で抵当権を抹消することはさせてくれません。借り換えなどローンを組む場合、この業界では貸し手の...

page top