住宅ローン完済で抵当権抹消してリバースモーゲージができる

リバースモーゲージで老後のリスクヘッジもできる!

 

もし、定年後に収入が減ったり、介護が必要になったりするなどして、生活資金が厳しくなった場合でも、住宅ローンを完済していると、いろいろとお金をやりくりできる方法があります。

 

まず、マイホームを売却して、賃貸に住み直すという方法がありますね。

 

また、賃貸に出して、入ってくる賃料より安い賃料の住居に移り住む、という選択肢も出てきます。

 

その中でも リバースモーゲージ を活用するという方法もあります。

 

リバースモーゲージって?

リバースモーゲージとは年金先払いのようなもの

 

リバースモーゲージとは、高齢者が居住する住宅や土地などの不動産を担保にして、国や自治体、民間金融機関から一括または年金の形で、定期的に融資を受ける制度です。

 

受けた融資の返済方法は金融機関や商品によって様々で

  • 毎月一定額を返済
  • 毎月利息だけを支払う
  • 死亡後に利息を含めて一括返済

などがあります。

 

基本的には、利用者が死亡などによって契約終了した時には、担保不動産を処分することで残債を返済することになります。

 

そのため、子供に自宅の家を残すことができなくなるのですが、生前はマイホームに住み続けながら生活資金を手当てできるというメリットがあります。

 

デメリットの部分は、例えば、夫が契約者として融資を受けた場合、夫の死後、一定期間を経過後、妻の居住が認められないで売却を求められる商品もあったりします。

 

一般的に、リバースモーゲージを利用するには、住宅ローンを返済し終えていて抵当権が抹消されていなければなりません

 

実際にリバースモーゲージを利用するには、次の点に注意です。

 

融資額には不動産の評価額をベースにした上限があるので、限度額に達してしまうとそれ以上借りられないという事態になってしまうこともあります。

 

もし、住宅ローンが抵当権を抹消段階になってたり、リバースモーゲージに興味があるのであれば、現在の物件の価格をチェックしておくと、老後に向けたリスクヘッジにもなります。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。(住宅ローン支払い中でもOK!)

もちろん費用は無料です。1分程度でわかります。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

page top