抵当権抹消登記を放置すると

抵当権抹消登記を放置するとメリットがない

抵当権の抹消登記を放置するとどうなりますか?

抵当権抹消登記は、自分でしないと抹消されません。住宅ローンの支払いが終わっても、銀行が自動的に登記申請をしてくれることはありません。

 

そんな、抵当権の抹消登記を放置するとデメリットがあります。

 

抵当物件の所有者の信用問題に影響する

 

これは、登記の流用がされていると思われることもあるということです。

 

登記の流用とは、住宅ローンが完済されていても、その抵当権の抹消登記をしないまま、他の融資をその登記がされた状態でまかなっている、ということです。

 

この抹消登記がされていない状態が、他の金融機関や第三者などからは「登記の流用」と判断されて、その不動産所有者の信用問題にも影響するということです。

 

すでに完済して弁済しているからといっても、長期間の抵当権抹消登記の放置は禁物です。

 

抹消登記に必要な再発行できない書類が紛失し余計な費用がかかる

 

住宅ローンを完済した時に、金融機関から抵当権設定契約書や金銭消費貸借契約書などの借用書、抹消登記に必要な抵当権の設定登記済証、あるいは登記識別情報(抵当権の権利証)も返却してもらいます。

 

しかし、そのまま抵当権を抹消しないまま放置していると多いケースでは登記識別情報など、抹消登記に必要な書類を紛失してしまうことです。

 

紛失してしまうと、再発行できないので、「本人確認」という手続きが必要となって司法書士や弁護士の関与なしに自分で登記することができなくなってしまいます。抹消登記の本人確認手続きは安くても数万円かかります。

 

さらに、抹消登記を放置していると、いざ抹消するに時には所有者の住所・氏名等に変更があったり、相続登記が関わってきたりして余計に複雑になってしまいます。

 

そのため、かなり余計な抹消登記以外の余分な費用と時間がかかります。

 

やはり、住宅ローンを完済した場合は、銀行から抹消に必要な書類を受領した時点で、自分でできるだけ速やかに抹消登記を終えておくことが賢い選択です。

抵当権抹消 トップページに戻る

 


page top