家屋番号 調査方法

建物家屋番号が書いてあるところ

建物の家屋番号は何で調べるとわかる?

建物の登記の証明書(全部事項証明書)をとるために、申請書に書く内容で、

  • 建物の所在
  • 家屋番号

を特定する必要があります。 

 

この建物の所在と家屋番号は、通常は建物の権利証や登記識別情報通知に記載されています。

 

固定資産税評価証明書(東京都23区は都税事務所、他の地域では、各市区町村長の役所で取得できます。)や、固定資産税の納税通知書一式の中にある課税明細書などにも書いてあります。

 

ぱっと見では、家屋番号は、一戸建てなら、土地の地番とよく似ています。
マンションの場合は、ちょっと長めの地番の場合が多いですね。

 

ぴったり正確にわからなくても、建物のだいたいの場所と所有者がわかれば、管轄の法務局で聞くとほぼ取得できます。

 

ここで、抵当権抹消登記申請だけならば、不動産の表示部分に、「不動産番号」を書けば、家屋番号を記載する必要がありませんよ。

トップページに戻る

 

今の自宅の物件査定ができる

 

固定資産税評価は市場での売買の値段と大きく違うことがあります。

 

今の自宅がどれくらいの価値があるのか、売却したらいくらくらいになるのか、知りたいですよね。自宅を購入したときと、今の値段の差も知りたいし。

 

ネットで依頼すれば、簡単に査定してくれます。(抵当権抹消登記手続き前でもOK!)
もちろん費用は無料です。1分程度で完了しますよ。

今の売却価格が60秒でわかります(無料です)

 


page top