抵当権抹消登記手続き 司法書士

抵当権抹消登記を司法書士に頼むべきか?

抵当権抹消登記は自分でもできるとはいえ、その難易度はケースバイケースです。 それなりの法律知識が必要となることもあります。

 

特に、不動産の所有者に相続が発生した場合。これ、相続登記とからむので、戸籍とか集めるのに時間がかかっちゃいます。

 

もったいないのは、何年も抵当権抹消登記せずにほったらかしにしたため、もらった書類が使えないとか、なくしちゃったとか、行政区画の変更などが発生したり、 市町村合併などで変わってしまったような場合には面倒なこともあります。

 

このサイトを見ても疑問が残るような場合は、 司法書士に依頼してしまったほうがいいですね。

 

抵当権抹消登記を、司法書士に依頼するなら

 

メリットは

当然ですが

  • お金を払えば、確実に抵当権抹消登記手続きできる
  • 自分で作成して、手続きをする手間が省ける

ですね。

 

デメリットは

  • 費用がかかる
  • 本人確認、ということで、免許証などのコピー・誓約書など登記にまったく不要な書類を出させられて登記と関係ない書類に署名押印する
  • かえって、時間がかかることもある

ということでしょう。

 

司法書士に抵当権抹消登記手続きを依頼した場合の報酬の相場は、約1万円から1万5,000円前後くらいです。これにプラスして、登録免許税やら完了後の証明書やらを取得すると、合計で2万は超えることが多いです。

 

まして、不動産の数や、その他特別な権利がある場合などはどんどん報酬加算されるのが普通です。司法書士の報酬が自由化されてから、目安がどれくらいかは各司法書士次第なんですね。いわゆる「基本料金」が安いと思って依頼すると最終的な合計金額が返って高くなることがあります。

 

とはいえ、通常の登記で、安いところでは5000円くらいでもやってるところはあるようです。手間と時間が惜しいようであれば、安い司法書士をうまく探して依頼することも一考してみてください。

抵当権抹消 トップページに戻る


page top