マンション 不動産の表示

マンションの場合の不動産の表示例

敷地が割合

マンションの場合は通常、建物部分の敷地部分の土地は、敷地権割合という形で所有しています。
そのため、この部分の表示しかたが一戸建てと違ってきます。

 

敷地権付区分建物(建物の名称がある場合)

一般的なマンション等の場合です。

一棟の建物の表示
所  在 千葉市千葉区千葉 町 一 丁 目23 番 地

建物の名称  サンライフマンション 1

専有部分の建物の表示

家屋番号  23番の101 2

建物の名称  101号

種  類     居宅

構  造     鉄骨造1階建

床  面  積   1階部分  6 0 ・ 39 平 方 メ ー ト ル 3

敷地権の表示

符 号   1

所在及び地番  千葉区 千葉町 一 丁 目 2 3 番

地 目  宅 地

地 積   5 0 0 ・ 0 0 平 方 メ ー ト ル

敷地権の種類   所 有 権

敷地権の割合  1000分の 304

1 建物の名称があれば、 一棟の建物の構造、床面積の記載が省略できます。

2 家屋番号は、固定資産税台帳の番号と違う場合もあります。

3 「u」記号での表示でも可能です。

4 敷地権割合の分数はそのまま書きます。約分できてもこのまま記載します。

 

不動産番号を記載した場合

 

登記の申請書で不動産の表示の部分に、不動産番号を記載した場合には、細かい記載を省略することができます。

 

土地の所在・地番・地目・地積(建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積)の部分が省略可能です。

 

 

敷地権付きでないマンション

 

ここ15年くらいの間にできたマンションだと、ほとんどの場合、敷地権付区分建物ということで土地の割合が記載されています。

 

しかし、この方法が決まったのが、昭和59年くらいの法律なので、それ以前に登記されたマンションや、あえて土地と建物を一体処分しないと決めたマンションやアパートでは通常の土地・建物の表示と同じような記載方法になります。

通常の不動産番号を記載した場合

 

 

 

 


page top